「夢で見たあの子のために」 第25話 感想

先日「夢で見たあの子のために」 第25話を読みました。

以下ネタバレ注意












前回までの話で、「スタンガンの男(金海)」と「マスクマン」が相次いで殺されていました。

その死体の側には「A(鉄塔)」のカードが置かれていたので、その状況からすると「一登(三ツ目)」の犯行のように思われるのですが・・・



「マスクマン」から情報を得るためコンタクトを取った千里でしたが、現場では既に「マスクマン」は殺されており、現場に残されていた「A(鉄塔)」のカードを拾った千里は、参考人として警察に拘束されていました。

刑事の若園によると「マスクマン」殺害の犯人は一登ではなく「模倣犯」によるものではないかとのこと。

千里もどこか違和感を感じていたらしく、今回の殺人は一登ではなく別の誰かによるものだと思っていたようですが、あえて自分が一登の身代わりで拘束されることで、「三ツ目」拘束の誤情報を流し、「何かが起きる」ことを狙ったようです。

そういえばこれまで4回ほど一登からの「視覚共有」が起きていましたが、
・千里が眠りかけている時
・一登が誰かを殺す直前

毎回の共通点として上の2つの条件の時に「視覚共有」が起きていたようです。

しかし今回続けて起きた「スタンガンの男(金海)」と「マスクマン」殺害の時は「視覚共有」は起きていなかった(?)ようだし・・・。


もし若園が言うように「模倣犯」がいるとしたら、それはいったい誰なのか?
殺人の容疑を一登にかぶせることで得をする人間によるものなのか、あるいは何か別の目的がある人間の仕業なのか・・・?

「模倣犯」がいると思っている、と千里に話していた刑事の若園ですが・・・その後で、

「他にも・・・ カードを拾った事はない?」と千里に聞いているのがわりと怪しい。


前々回、「スタンガンの男(金海)」の死体の第一発見者は「ピスタチオの男」でしたが、警察に通報する前に現場に残されていた「A(鉄塔)」のカードを持ち去っていたようです。

その現場に「A」のカードが残されていたのを知っているのは犯人と「ピスタチオの男」だけのはずなので、若園が「他のカード」のことを気にしているのは怪しい感じがしますね。
(しかも「マスクマン」が殺されるより前に「これから会えないかな?」と電話で誰かと会う約束をしていた)。

若園が「模倣犯」として事件を起こすことで「火の男」サイドが何かアクションを起こすことを狙っているのかもしれませんが・・・
(一応「刑事」の若園がそこまでするのかという気もしますけど)


駒津刑事:
「連続強盗殺人犯」・・・ これが今のあの二人の肩書だ
野放しにはできん 今回の千里君の行動は
彼らの犯罪の幇助にもなりかねない 愚か極まるものだ・・・!

千里:
・・・黙って聞いてりゃあ好き放題言いやがって・・・
俺が一登を思う気持ちが てめえら(警察)なんかにわかりゃしねえだろ・・・!

駒津刑事:
・・・言う通りだ われわれ(警察)の行動は一登君を思ってのものではない

千里:
・・・だから引っ込んでろっつってんだ 血の通わねえてめえら(警察)の捜査で
俺の邪魔すんな・・・ 「火の男」をぶっ殺してでも・・・
俺が! 一登を止める

駒津刑事:
あまりにも残念だ・・・ 幼い頃から殺人現場を見てきた君の答えがそれか
いいか 「殺人」というのは 人が一人減る現象の事じゃない
「人を殺す行為」は「多くの不幸な人間を生む行為」だ!



千里の立場からすると、いつまで経っても「火の男」を捕まえることができない警察に対する不満・不信感が強くて、自分の手で「火の男」と一登を探し出すためなら手段を選ばないし法律も無視する覚悟があるようです。

法治国家である現代の日本では警察・検察が「事件」の捜査を行い司法機関である裁判所が判決を下す。
しかし、法で解消できない被害者の心の痛みや怒りはどうしたら償われるのか。

自分の手で「復讐」を果たすため、暴走しがちな千里と若園ですが・・・
復讐の行方は今後どうなっていくのか。

引き続き今後の展開が楽しみです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする